トップ

医師のお話を知る

医師の基本を覚えていく

医師の資格を取得するには

医師の資格を取得するには、医学部、国立大学の医学部または私立大学の医学部にて6年間、勉強し、卒業をする際に、医師の国家試験を受験し、それに合格することが出来れば、資格を取得することが出来ます。上記のように、医学部に入学することが出来なければ、そもそも、国家試験を受験することが出来ないため、必ず、医学部に入学する必要があります。そのため、幼少からとても勉強をする必要があり、エリートな人がなる仕事とされています。憧れのエリート職に就くためには、人並みならぬ努力ももちろん必要です。医学部への入学するために、しっかり準備をしていきましょう。

医師は国家資格が必要

医師は、医学部に入学して6年後に卒業すれば、そのままなれるというものではありません。国家資格が必要な職業であり、そのためには卒業か卒業見込みの人が医師国家試験を受けて合格し、その後、見習いである研修医として病院などに勤務し、実際の場で臨床研修を2年以上おこなうことによって、やっと資格を得ることができるのです。そして、そうやって一度与えられた免許は、基本的には一生涯有効であることが保証されているのです。よって、過酷な6年間かもしれませんが、この期間を頑張れば将来安定した職を手に入れることが出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を覚えていく. All rights reserved.