トップ / 医師の働き方について

医師が働く形態は

医師の働き方について

勤務医と開業医の違いについて

医師が働く場合には、大きく分けてふたつの形態に分類されて働く事になります。 まずひとつ目は勤務医、そしてもうひとつは開業医です。 まずは勤務医ですが、これは前述した通り、病院を始めとした医療機関で働く医師の事を指し、所謂サラリーマンの様なものだと言えます。その為、基本的には、外来の診察や治療、更には手術などといった医業にのみ専念出来る環境にあり、臨床経験を積む事を最優先としている場合には適していると言えます。 また給与に関しても固定給である為に、安定した収入が見込めると言えます。

開業医はどのようなものか

開業医は、ある程度臨床経験を積んだ医師が、自らの手で医療機関を設立し、医業を行うといったものであり、それだけに自分のやり方で仕事を行う事が可能になると言えます。 しかしその反面、設立にあたり初期費用の確保などの問題や、更には経営者としての責任なども背負う事となり、勤務医と比較するとその負担は大きなものであると言えます。しかし収入といった面では、開業医の方が多くなる傾向にあり、将来的には開業に踏み切るといったケースも多々あると言えます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を覚えていく. All rights reserved.