トップ / 医師もなりやすいうつ病

医師にうつ病の相談を

医師もなりやすいうつ病

医師でもうつ病になるのか

医師というと患者の心と体を治療するという勤めがあります。しかし、やはりどんなに立派で腕のいいドクターであってもやはり人間ですので、時としてうつ病になることがあります。気分の浮き沈みといった小さな症状から、無気力、極度の疲労、といった症状まで様々です。中にはあまりにも症状が重いために、勤務が続けられない人もいます。それで、心が悲鳴を上げる前に、適度な休息と気分転換をとり疲労をため込まないようにしましょう。

うつ病かもと思ったら医師の診察

うつ病は最近増えているといわれています。精神的な抑うつの症状に加えて、頭痛がする、胃が痛むなど体にも症状が現れてくることがよくあります。また最近では自分の好きなことはできるが仕事や勉強などしなければならない義務的なことにうつの症状がでる新型も出てきています。心にいつもとは違う不調を感じたら、精神科や心療内科の医師に相談することをお勧めします。この病気は心の風邪とも呼ばれ、珍しいものでもまた恥ずかしいものでもありません。ひどくなる前に治すことが大切なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を覚えていく. All rights reserved.