トップ / 医師も転科が可能である

医師の転科の方法

医師も転科が可能である

医師の転科のメリット

医師は職場環境や年齢などの体力の低下によって転科することが可能です。自分の状況にあった科に移ることはチャレンジでもありますがメリットも多いです。医師は専門的な知識が絶対的に必要になりますが、自分の専門の科を生かせる場所は多くあり、そこで新たに自分の経験を糧にやっていくことで精神的にも肉体的にもその時の自分に合ったものを選ぶことが出来ます。転科をするにあたっては、短期の研修で必要な力をつけることが出来る専門範囲が限られたメンタル系の科が人気です。

医師が転科する際に注意する事

医師が転科する場合には注意するべき事があります。医師は専門の勉強をしており、転科する場合にはその勉強を一からやり直す必要があります。その際は今までのキャリアを全て捨てる場合もあります。また人間関係も新たに構築する必要があります。医者の世界は縦社会のため認められるまではかなり難しい人間関係をこなしていく必要があります。医者が今まで働いていた診療科とは別の診療科で働く場合には、以上のような事に注意しておく必要があります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を覚えていく. All rights reserved.