トップ / 50代の医師が開業する

50代の医師の年収は

50代の医師が開業する

日本で最も多い50代の医師

日本で最も多いのが50代の医師、開業医の約3割を占めています。これは銀行等の金融機関からの借入金の返済するには年齢的なリミットと考えている人が多い傾向があるためです。この年代の医師は勤務する病院の副医院長や院長になる場合も多く、平均年収は2000万円前後が相場です。また、都市部などで病院を開業する場合には開業資金は平均1億円は必要とされていますが、来院する患者数さえ安定すれば病院に勤務していた時よりも収入が増えます。親族が病院を開業している場合は銀行等から借入をする必要がないメリットがあります。

医師が50代でやりがいに満ちる

やりがいを年齢別で定めるのはいただけないと言いつつも、医師は50代に突入してからのほうが意欲的に活動できます。筆頭となるのは、新米医と上層部それぞれの考えを尊重して組織の運営を円滑にする役割を担うことです。大いなるやりがいを感じられる瞬間は、誰からしてみても十分な結論を導き出す過程にあります。現役で腕を振るえる50代の医師は、いわゆる板挟みの状況に陥るけれども当該状況から労働意欲を刺激されるというわけです。医療行為に慣れてきた時期に忙しさが復活すると、気持ちが奮い立つようになるのが常です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基本を覚えていく. All rights reserved.